セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、主治医以外の歯科医師に治療に関する意見を求めることです。

従来の主治医である歯科医師に全て任せるのではなく、説明と同意(インフォームド・コンセント)を受け、患者さん自身が治療の決定に関わることが大切です。

医療は日進月歩で、新しい治療法が次々に生まれています。しかし、その全てを一人の歯科医師が把握することは出来ません。また、歯科医師や医療機関によって提供できる治療方法が異なりますそして、患者さんによって自分の受けたいと望む治療法は様々です。

そこで、患者さんにとって最善だと思える治療を患者さんと主治医との間で判断するために別の歯科医師の意見を聴くこと、それがセカンドオピニオンです。患者さんと医師の間で治療を行うためには信頼関係が必要です。セカンドオピニオンにしても、転院・転医にしても、可能な限り自身の気持ちを医師に素直に伝え、通じ合う人間関係を構築していくのが望ましいと言えます。

治療へのインフォームド・コンセントとセカンドオピニオンを受けることで、どのようなメリット・デメリットがあるのかを多角的に知ることが出来ます。このような段階を踏むことで、納得のいく治療を選択することができます。

ご自身の歯の治療方法について、疑問を解消したい方ぜひ一度ご相談くさい。