当院紹介

〜大阪の北摂、吹田市江坂で専門性の高い治療を〜
マイクロスコープや超音波器具を使った精密根管治療

 

・根管治療とはどのような目的で行う治療なのか?

 虫歯を治療せず放っておくと、う蝕により外側のエナメル質、内側の象牙質を超え、歯の神経にまで細菌が到達します。根管治療とは感染した組織や腐敗した材料などを除去し、歯の中の細菌を可能な限り少なくした上で、再感染しないように封鎖する治療です。当院ではお口の中の検査およびCTを含めた画像診断をもとに、どうしても抜歯が必要なケースと、根管治療や外科処置で対応すべきケースをきちんと分けてご提示しています。ただ、根管への細菌感染ではなく、噛み合わせや歯周病、鼻の病気や全身疾患などが原因で同じような症状が出ることもあるため、慎重な診査・診断が必要になります。

当院の精密根管治療の際の取り組み

 

・どんな患者さんが精密根管治療を受けるのか?

当院で根管治療を行っている患者さんの大半は、以前にほかの歯科医院で根管治療を受けた方です。治療しても治らないのは、細菌の感染力が自分の免疫力を上回っているのが原因です。根の先は複雑な網目状になっており、器具や薬液で徹底して清掃しても届かない部分があります。根管治療をしても治らない場合は、歯根端切除や意図的再植と呼ばれる外科的歯内療法を行うことで、直接病気の原因にアプローチする方法をとります。結果、免疫力<細菌感染力となり、根の先の病気が治癒していきます。

詳しい診療内容についてはこちら

 

・当院の精密根管治療の特徴は何か?

術前のカウンセリングや口腔内診査に加え、X線画像やCBCT撮影により得られた情報から、正確な診査・診断を行い、その上で患者さんのニーズにあった治療法を一緒に考えることが大切であると考えています。

細菌が歯の中に入らないようにすべての精密根管治療症例でラバーダムを用います。治療には直経1mm以下の領域に対応できるよう極細の器具を用い、感染部分を消毒薬や超音波振動で徹底的に取り除きます。歯の中に入る器材に関しては、基本的に使い捨てで使用し、できないものは滅菌消毒をしております。最後に専用の材料を詰め、外れないようしっかりと封鎖します。治療後の経過観察も大切で、術後の病気の治癒を患者さんと一緒に確認していただいております。

 

・より安心安全に精密根管治療の受けていただくために。

当院での精密治療は、より安心安全に治療を受けていただくために院長・副院長(女性)のDr.2人体制で行います。歯科助手・歯科衛生士が治療のサポートに入ることはありません。同じ意思決定・治療方針を共有したDr.が一緒に治療に当たることで、治療中に事前の予想を超えたイレギュラーが生じた場合であっても、スムーズに対処することができます。また男性Dr.では気づかない、女性Dr.ならではの気遣いも治療を円滑に進めていく上では大切です。「喉の奥に唾液がたまる」「足元が寒い」「お手洗いに行きたい」など長時間に及ぶ治療中にお困りのことがあった場合は、遠慮なくご相談ください。

 

〜よくあるご質問〜

決して普通ではありません。ゴールの見えない治療ほど、辛いものはありません。歯の形態や痛みの状況にもよりますが、治療は出来るだけ短期間で行ったほうが望ましいです。時間や回数をかければ良くなるという治療ではありません。

一般的な根管治療は様々な制約があるため、一回あたりの時間が確保できません(15~30分程度)。かつ、1回あたりの時間が短いためにできることが限られており、その分回数が増えてしまいます。奥歯の根管治療を始めて、気がつけば3ヶ月も経過していた!ということもしばしば起こります。

精密根管治療は、1回あたり1〜2時間の治療時間、1〜3回程度の治療回数で終了いたします。1回あたりの治療時間が確保できることで、感染部の清掃・消毒を確実かつ丁寧に行うことができます。また、治療回数が少なければ、仮の蓋の期間が短く済み、結果的に細菌に感染するリスクも下げることができます。

マイクロスコープは感染している部分を明確にし、汚染された材料の取り残しを直接観察することができます。特に再治療や外科治療を行う際には、感染部分の除去が重要になります。マイクロスコープ自体が病気を治すわけではありませんが、効率的な治療を行うために必要な機材であることは疑いようがありません。当院では全ての治療において、マイクロスコープを使用します。

根管治療における最も多い悩みは、「痛み」に関するものです。根管治療を以前に受けたことのある患者さんの中には、辛い経験をされた方も少なくありません。歯の中をヤスリでゴリゴリお掃除するときの痛み、根の先に器具が刺さるチクチクした痛み、ズーンとした重い痛みが出たりと、歯科医院に行くのが憂鬱になるほどの痛みに悩まされる場合もあります。

当院の根管治療は、術前に十分麻酔が効いた状態で行います。麻酔行為自体も、針刺入の痛みを極力感じないように極細の針を使用し、注入速度をゆっくり一定にし、麻酔の温度を人の体温に近づけるなどの配慮をすることで、可能な限り痛みの無い麻酔を行います。また、麻酔後に一定時間おくことで、骨の中に麻酔が浸透しするのを待ち、痛みが生じにくい状況を作ってから治療に入ります。

痛みを伴わない治療は、患者さんのストレスを軽減します。当院にお越しになられる患者さんの約半数は、治療時間が1〜2時間と長いこともあり、施術中にお休みになられます。
「治療中の痛みが不安」「痛みについて敏感である」など悩みがある場合はご相談ください。

虫歯が大きい時や物理的に器具が入りづらいなど治療が難しい場合、根管治療途中の歯に穴が開くことがあります。穴の状態にもよりますが、感染源の可及的除去やMTAセメントなどの特殊な材料の使用により歯を保存できる可能性があります。お悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

Load More

 

〜精密治療症例〜
再根管治療①
再根管治療②
外科的歯内療法

 

 

院長
歯科医師
森 健太朗
Kentaro Mori

経歴
大阪歯科大学歯学部卒業
ペンシルバニア大学
Microscopic Training Course in Surgical Endodontics 修了
PENN ENDO STUDY CLUB IN JAPAN修了

所属学会
日本歯内療法学会(JEA)
米国歯内療法学会(AAE)

 

皆様、初めましてモリ デンタル クリニックの院長 森健太朗です。

当院は、正確な診査診断に基づいて、丁寧なカウンセリングを行い、歯内療法に特化した専門性の高い診療を行います。歯内療法という限定された領域において、地域の歯科医師の先生方のサポートと、歯を残したい患者さんのニーズに応えるために、真摯に取り組んで参りたいと思います。

 

理想の歯科医院をつくるべく開院を決意
歯内療法のみを行うクリニックを開院

私はもともと歯周病・補綴・噛み合わせ・全顎的な矯正治療も含めた「1口腔1単位」というお口全体を診る勉強をしていました。決してはじめから根管治療をメインにしていたわけではありません。しかし歯科領域の様々な分野を学ぶうちに、お口全体の治療を行うためには、一本一本の歯を高いクオリティで治療することが大切であるという考えにいたりました。根管治療は日本の歯科分野の中では、「保険制度上の制約」「治療の難易度に対してあまりに低い治療費用」などが足枷になり、どうしても良質な治療方法が浸透しにくい状況にあります。東京医科歯科大学の須田教授の論文では、日本の保険医療制度下で根管治療を受けた実に多くの患者さんが根尖性歯周炎に罹患していることが述べられています。(1) また、保険診療下における根尖性歯周炎の治癒率は20~60%と非常に低く(2)、治療費は諸外国と比べても異常に低く、アメリカやヨーロッパの学生の治療費よりも低いとされています。加えて、歯内療法では必須の処置であるラバーダム防湿を行うこと(3)が、残念ながら日本ではまだまだ浸透しているとは言い難い現状です(1)。ラバーダム防湿が必要であることはいうまでもないですが、それだけでは十分とは言えません。消毒液が漏れないようにラバーダムと歯の間のスペースを埋め、過酸化水素水やポビドンヨードなどにより歯やラバーダムの消毒を行い、使用する器具も滅菌したものを使用しないといけません。このような治療に入る前の準備だけでも、十分な時間がいるとは容易に想像できます。

一般的に行われている根管治療は、通常15~30分の治療時間で何回も治療に通い、気づけば3ヶ月以上経過していたなんてこともあります。また、短い診療時間の中でできる限り治療時間を確保するために、患者さんと向き合ってお話しする時間が取れず、数をこなすのに手一杯な状況になります。したがって根管治療の後、再び歯の不調を訴えて再治療を行うことになり、さらに数年後には再発、治療を繰り返すことで最終的に歯を抜かないといけない状態にまで陥ってしまいます。「何回治療しても治らない!」「抜歯だと言われたが、抜きたくない!」「違和感が消えない」「痛みが取れない」などで悩んでいる患者さんを、なんとかして治したいという強い思いを持って、大阪北摂の吹田市江坂で歯内療法のみを行う歯科医院を開業いたしました。

根の先の病気でお悩みの方、諦める前にぜひ一度ご相談ください。

副院長
歯科医師
森 明佳
Haruka Mori

 

引用文献

1. 須田英明:わが国における歯内療法の現状と課題  The journal of Japan Endodontic Association 32(1), 1-10, 2011-01-31

2. Tsuneishi M, Yamamoto T, Yamanaka R, Tamaki N, Sakamoto T, Tsuji K, Watanabe T. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. Radiographic evaluation of periapical status and prevalence of endodontic treatment in an adult Japanese population.2005;100(5):631-5.

3. AAE Position statement Dental dam. American Association of Endodontists 2010