根管治療中は痛みがありますか?

根管治療における最も多い悩みは、「痛み」に関するものです。根管治療を以前に受けたことのある患者さんの中には、辛い経験をされた方も少なくありません。歯の中をヤスリでゴリゴリお掃除するときの痛み、根の先に器具が刺さるチクチクした痛み、ズーンとした重い痛みが出たりと、歯科医院に行くのが憂鬱になるほどの痛みに悩まされる場合もあります。

当院の根管治療は、術前に十分麻酔が効いた状態で行います。麻酔行為自体も、針刺入の痛みを極力感じないように極細の針を使用し、注入速度をゆっくり一定にし、麻酔の温度を人の体温に近づけるなどの配慮をすることで、可能な限り痛みの無い麻酔を行います。また、麻酔後に一定時間おくことで、骨の中に麻酔が浸透しするのを待ち、痛みが生じにくい状況を作ってから治療に入ります。

痛みを伴わない治療は、患者さんのストレスを軽減します。当院にお越しになられる患者さんの約半数は、治療時間が1〜2時間と長いこともあり、施術中にお休みになられます。
「治療中の痛みが不安」「痛みについて敏感である」など悩みがある場合はご相談ください。