CASE

症例紹介

  • 根管治療 症例

以前は特に問題なかった歯なのに、CTを撮ると大きな病気が!根管治療で治癒した症例

通院時の年齢 69歳
性別 男性
通院回数 3回
通院目的 奥歯の根管治療を希望。大きな病気がある。
処置内容 根管治療+支台築造
費用 143,000円+22,000円
備考 下歯槽管に近いところまで病変が出来ていた。

初診時

以前問題がなかった歯であっても、ゆっくりと神経が生活力を失い、病気を作る場合があります。患者さんは左下6の穴が空いてしまっていた歯の治療3年後経過観察時(左下の奥歯がズキズキ痛む。歯の中に穴があいていたが、抜かずに治療を希望。)にCTを撮影しました。左下6に関しては病気が回復していましたが、撮影の際に以前は存在しなかった病気が左下7に見つかりました。「シクシク痛みがあったり、肩が凝ったりはしていたけど、我慢できないほどでもなかった・・・」と患者さんはおっしゃられましたが、実際には下歯槽管と呼ばれる神経と血管の管にかなり近いところにまで病気ができていました。

口腔内診査では、左下第二大臼歯を叩いたり押したりしても特に痛みはありませんでした。冷痛温痛は無く、日常生活に大きく関わるような臨床症状はありませんでした。

根管治療 術前X線 CT画像

患者さんと相談の結果、まずは根管治療を行い歯の中の病気の原因をできる限り除去した上で、それでも治癒しない場合は意図的再植術を行うことをお伝えしました。

 

 

治療(根管治療:計2回)

まず浸潤麻酔を行い、古い被せ物を除去、表面の虫歯や感染している材料を全て取り除き、レジンにて隔壁し、ラバーダム防湿をはじめとする無菌的環境下で治療を行いました。

一番奥の歯であることに加え、元々の開口量が少なく頬の筋肉による圧も強かったこともあり、器具操作がとてもシビアでした。超音波チップで入口を明示したのち、ニッケルチタンファイルで炎症を起こしている神経を除去していきました。根の先までお掃除したのち水酸化カルシウム製剤を貼薬し一回目を終えました。

2回目の来院時、特に痛みもなく問題ないとのことでした。ラバーダム防湿を行ったのち、超音波振動下で次亜塩素酸ナトリウム水溶液とEDTAを用いて根管内を徹底的に洗浄し、最後に根管内に防腐剤を詰めてレジンにて土台を作成しました。

術後にデンタルX線を撮影し、病変がどのように変化するかを患者さんと共に経過を追っていくことをご説明し、根管治療を終了しました。

 

経過観察(術後3ヶ月・1年)

術後3ヶ月に左下7のデンタルX線撮影し、術後と比較したところ、回復傾向を示しているように見えました。打診や圧痛などの症状もないため、最終補綴ををしていただき経過観察になりました。

1年後に来院された際に、治療した奥歯二本分の詳細を知りたいとのご希望があったため、デンタルX線撮影をした後にCT撮影を行いました。術前のCTと比較すると失われていた骨が回復していることが確認できました。

根管治療 術前術後1年CT画像

 

患者さんからは「調子いいよ、ありがとう!」と嬉しいお言葉をいただきました。このように大きく骨が失われているような状態であっても、ご自身の免疫力により回復していくこともあります。抜歯はあくまでも最後の手段です。同じような状況でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

※これらすべてのX線写真やCT画像は、歯の保存治療普及のため、患者さんに掲出の同意を得ております。

ページトップへ戻る