CASE

症例紹介

  • 根管治療 症例

以前虫歯治療をした歯から膿が出て臭い。抜きたくない。

通院時の年齢 46歳
性別 女性
通院回数 3回
通院目的 以前虫歯治療した歯から膿が出ている。抜歯したくない。
処置内容 再根管治療+支台築造
費用 154,000円+22,000円
備考 できるだけ抜歯したくない。

初診時

患者さんは10年ほど前に左下7番目の歯を虫歯治療をしました。術後しばらくの間ズキズキした痛みが出たためかかりつけ歯科医院にて相談してみたところ、「もう少し様子を見ましょう」と指導を受けたこともあり様子をみていました。その後ズキズキした痛みは引いていましたが、疲れた時にズーンとした重い痛みが出ることがありました。日々の生活にそこまで困るわけではなかったので放置していましたが、ここ1ヶ月くらい前から舌側の歯茎から膿が出て臭いがしてきました。根管治療が初めてだということもあり、きちんと話を聞きたいというご希望がありご相談に来られました。

口腔内診査に加え、膿の出入り口に造影性のある材料を挿入したのちデンタルX線撮影を行いました。根の先の広い範囲だけでなく歯の股の部分にも病変が確認できました。以前の虫歯治療されている材料と歯の間にも虫歯ができており、そこから感染していることが疑われました。

根管治療 デンタルX線画像 GP挿入時

 

治療方針として、①経過観察②根管治療③抜歯のそれぞれのメリットデメリットについてご説明しました。患者さんは「できるだけ自分の歯を残したい。」とのご希望があったため、根管治療を行うことになりました。

 

治療1回目

まず麻酔を行い、元々入っていたプラスチックの詰め物と虫歯を除去していきました。噛むと痛みがあったため噛み合わせを調整し、その後ラバーダムにて防湿し歯の消毒を行いました。次亜塩素酸ナトリウム水溶液で洗浄を行いながら、ニッケルチタンファイルと超音波チップで感染源の除去と根管の拡大を行い、水酸化カルシウムを貼薬し仮蓋にて封鎖をして1時間半ほどで1回目の治療を終えました。

 

治療2回目

2回目の来院された際には、膿も出なくなり痛みも無くなっていました。再びラバーダム防湿を行い仮の蓋を外し、根管内に薬液を満たした状態で超音波にて根管の隅々まで薬液を撹拌しながら洗浄を行いました。その後、根管内をからからに乾燥させ、ガッタパーチャポイントとシーラーを用いて根管充填を行い、コア用のレジンで土台を作製、できるかぎり細菌が入っていかない状況にして治療を終えました。

 

根管充填後 写真

根管治療 デンタルX線画像 術前術後

術後のデンタルX線を撮影し、今後患者さんと共に今ある病変がどのように治癒をしていくかを一緒に確認していく旨をご説明し、治療を終了しました。

 

 

経過観察(3ヶ月仮歯 6ヶ月セラミッククラウン)

根管治療 デンタルX線画像 3ヶ月経過観察

術後3ヶ月の経過観察時では、仮歯が被せ物が入った状態で来院されました。患者さんからは大きく問題はなく仮歯でもしっかり噛めるとのことでした。デンタルX線撮影を行うと根の先及び歯の股の部分にあった病変は縮小傾向を示していました。この時点で最終の被せ物をしても問題ないと判断し、被せ物を担当する歯科医師に最終の被せ物を依頼しました。

 

根管治療 デンタルX線画像 6ヶ月経過観察

さらに術後6ヶ月の経過観察では、セラミックのクラウンが装着され痛みも無く機能的にも審美的にも患者さんは満足されていました。「この歯がちゃんと残るようにしっかり磨きます」と、結果にとても満足されていました。

 

まだX線画像上で完全に病変がなくなっている状態ではありませんが縮小傾向を示しているので、引き続き経過を追っていきます。

可能な限り患者さんのご希望に添えるように、これからも最善を尽くして参ります。

※これらすべてのX線写真やCT画像は、歯の保存治療普及のため、患者さんに掲出の同意を得ております。

ページトップへ戻る