CASE

症例紹介

  • 意図的再植術 症例

奥の歯がズキズキ痛む。なんとか残す方法は?

通院時の年齢 56
性別 女性
通院回数 2回
通院目的 奥の歯で抜歯と言われたが、なんとか残す方法はないか?
処置内容 意図的再植術
費用 165,000円
備考 長時間の開口が難しい。開口量が少ない。

初診時

患者さんは「左下一番奥の歯がズキズキする」を主訴で来院されました。もともと若い時に第一大臼歯を抜歯してそのまま放置していたこともあり、下顎の親知らずが近心に移動して萌出していました。以前、無菌的処置下での根管治療を受けましたが、口を大きく開けられないので、器具が入らなかったとのことでした。実際に口腔内を診てみましたが、開口量が少ないのと本来は親知らずである歯を治療することもあり、根管治療は非常に困難を伴うことが考えられました。

意図的再植術 術前X線画像

口腔内診査・デンタルX線およびCBCT撮影を行いました。左下の一番奥の歯に強い打診痛と根尖病変が見られました。①再根管治療②意図的再植術③抜歯のそれぞれの治療方針のメリットデメリット・成功率を説明したところ、「自分の歯が残る可能性があるのであれば、残して欲しい。」との要望もあり、相談の結果「意図的再植術」を行うことになりました。

 

治療(意図的再植術)

十分に麻酔を行なった上で意図的再植術を行いました。歯根膜を大きく傷つけないように、少しずつ歯の周りの骨を圧迫しながら、鉗子で1度抜歯しました。

抜歯の際に根尖にあった大きな病変も丸ごと取れて来ました。根尖の病変をバーで切断・除去し、根管内の汚染を逆根管形成により取り除きました。

その後MTAセメントによる逆根管充填を行い、歯を抜歯窩に埋めなおして、デンタルX線撮影を行いました。

意図的再植術 術前術後X線画像

当日は歯自体が抜歯窩に強固に戻ったこともあり、縫合などの歯牙固定を行わずに終了しました。注意事項や投薬の説明を行い、3ヶ月後に病変の状態を患者さんと一緒に確認することを伝え、この日は終了になりました。

 

経過観察(術後3ヶ月・術後6ヶ月補綴後)

3ヶ月後に来院された時は歯の揺れもなく、痛みもなくなっているとのことでした。X線撮影を行い術直後のものを比較すると、病変のあった根尖部に骨の形成が見られました。

意図的再植術 術後3ヶ月X線画像

「一度抜歯してから戻すと言われた時は大変驚きましたが、無事に痛みも取れていてとても嬉しいです。」と患者さんもとても喜んでいらっしゃいました。

意図的再植術 術後6ヶ月X線画像

その後補綴を担当するDr.に被せ物の装着を依頼し、さらに術後6ヶ月の経過観察を行いました。デンタルX線画像上では病変も無事に治癒し、機能的にも全く問題なく過ごされているとのことでした。この歯がどのような経過をたどるか、引き続き観察していきたいと思います。

保存が難しいと言われている歯でも、諦めずに治療を行います。これからも歯内療法でお困りの患者さんのお悩みを少しでも解決できるように、日々アップデートを怠らず精進して参ります。

※これらすべてのX線写真や口腔内写真は、歯の保存治療普及のため、患者さんに掲出の同意を得ております。

ページトップへ戻る